2K暮らし シンプルライフを目指して

築33年・2K賃貸マンションに2人暮らし。現在妊娠中。これからの為にも少しずつ断捨離をしてモノを減らし、家族が住みやすいシンプルな暮らしを目指します!

久しぶりの再開!

今日は中学の友人と会ってきました!

元々同じ区に住んでいるのですが、お互い結婚して全然会えていなくて… 今回、たまたま私の最寄り駅に来るということで少しですが会う事が出来ました。

近くのカフェでひたすらトーク!昔はカラオケ行ったりプリクラ撮ったりしてたのに、今は話すだけで充分です。あっという間に時間が過ぎてしまう。年取ったなぁ。笑

SNSで繋がっているのでお互いの近状報告は何となくは知っていたのですが、もっと詳しい話をとにかく語り合ってきました〜。いやー話した話した。

先月の“夫が元カノと会っていた話”もしちゃいました。友人には「は?!ありえない!それは完全に旦那君の配慮が足りない!」と言われました!(配慮が足りないってのは男友達に相談した時も同じ事言われたな)

「今一番大事にしなきゃいけないのは妻でしょ。その妻を不安にさせてどうする。友達も妻も同じ位大事?!だから妻だけの我儘を聞く事は出来ない?!いやいや一番は妻でしょ。同じ位って思う時点でまず間違ってる。大変な時期に妻を悲しませるなんて酷すぎる。それに自分はただの友達だと思ってても相手の気持ちはどうなんだ。いくら向こうに恋人がいようがいまいが分からんだろ。アホ。」

いやー、凄い勢いでした。笑(ちなみに女ですよ!←物事をズバズバ言う子なんです)

元カノさんが「出産前にまた会いたい、飲みたい」と言っていた事、ちょうど夫の誕生日が近かった為ペンをプレゼントした事も話したら…

「ほら、会いたいって言ってるじゃん。しかもペンか…それは気をつけた方がいい。お菓子やタバコみたいに消耗するものではなく、モノとして残る物をあげたって事でしょ。しかも毎日身に付ける物。奥さんに疑われる可能性だってある。そもそも普通の友達がペンあげないでしょ?」

ほほぅ…そんな事考えてもなかった…凄いなぁ。確かに普通の友達にペンはあげないかも。そういえば私も夫にペンをあげた事があります。去年の入籍記念日に。私のペンを使わずに元カノさんのペンを使ってたら、やっぱりちょっと悲しいかも…。

そうそう、ブログには書きませんでしたが、私、元カノさんにメッセージを送ったんです。「夫が既婚者であり私が妊娠中である事を知りながら2人で会っていた事、驚いたし悲しかった」と。

でね、向こうから「奥様の気持ちを深く考えず軽率な行動を取ってしまった、申し訳なかった、もう連絡は取りません」と返事が来たんです。

なのに、「奥様からSNS関係ブロックしろと言われた、縁を切るための最後の挨拶をしていいと許可を貰った」って…何だその言い方?!そんな言い方してないし、許可を貰ったとか上からみたいだし… 

しかも「不倫関係疑われるのが嫌だ」とかも。そんな事一切思ってなかったのに。私、最初にこう伝えたんです。私は夫が大好きだから、夫の事を好きと思ってくれる(くれた)人に悪い人はいないと思っている、だからあなたの事も悪い人だとは思ってないと。そして2人は今は唯の友人でそれ以上は無いと分かっていると。なのに…。

それにもっと驚いたのが、「仕事忙しいのにイライラする」だの「嫌がらせさせられるんじゃないか殺されるんじゃないか」だの夫に言ってたんです!はぁぁ?!!

これには友達も激怒!悲劇のヒロインぶるなと!笑

結局、向こうから直筆の手紙が届き、その後私も夫もブロックされたので連絡は取れなくなったのですが。その手紙も私に直接送ればいいのに何故か夫に送り、しかも「これを奥様に見せるのはあなたの判断で」とか言ってて。

「妻に伝えたいと言いつつ、結局旦那君に一番見て貰いたかったんでしょ。だからわざわざ旦那君に経由で送るなんて手を使った。そういう女なんだよ元カノさんは。私は今切っといて正解だったと思うよ。もう向こうから連絡を取らないと言った訳だし、大丈夫だよ」

いやーもうね、泣きそうになりました。妊娠後期の大事な時期にご飯が食べられなくなって一気に体重が落ちて辛かったから、その辛さを分かってくれただけでも嬉しかったし、話を聞いてくれて、ズバズバ言ってくれて。笑

昔からこの子はぶっ飛んでる所があり面白い子なのですが、男らしい一面もあるんですよね。何事にも積極的だし。口はちょっと悪いけど←

1人の時間が増えて塞ぎ込んでしまってた所があったので、久しぶりに夫と母以外の人に会えて嬉しかったです。少ない時間だったけど、会えて良かったです。

 

そうそう、話をしててびっくりした事が… もうね、怖い、とにかく怖い。認めたくなかったですもん。何が怖いって、その子が怖い。笑

これは長くなりそうなので、明日にでも書けたら書こうかな… 気が向いたら…笑